はつ恋 [ 福山雅治 ] 

はつ恋 [ 福山雅治 ]と畳は新しいほうがよい

タイトルの「初」が「はつ」になっているのは
福山自身“初”という漢字が好きではなく、
“初体験”など違う言葉を連想してしまうからであるという。

 福山にとって、マイナーコードの曲を
シングルとして発表するのは初めて







続きを読む